2018年03月13日

刀筆之吏


今日の新聞で久しぶりに「刀筆之吏(とうひつのり)」という言葉を見ました。
受験勉強以来、お目にかかった記憶はないと思うのですが、、、、
確か、『史記』に出てくる言葉だったかと。

中国では、文字を書き取ることが任務の役人を指してこう呼びました。
紙が発明される以前は、木や竹に筆で文字を書いたり、刀で彫って文字を記していました。
間違えた時は、刀で削って文字を消します。
当時の役人には、刀と筆が必携だったので、「刀筆之吏」と言われていたようです。

この中国の“役人の文書主義”が、唐の時代に日本に伝えられたといわれています。
現代日本の役所仕事の「何にでも決裁文書を作って、下から順番に“ハンコ”をもらう」ということは、はるか昔から綿々と行われてきているやり方なんですね。

さすがに、紙や印刷が誕生して以降は、刀と筆を携行する役人は消えました。





と、思っていたのですが、、、、
ところが、どっこい、今でも刀筆をちゃっかり隠し持っている官僚もいるようです。

まさかの森友学園国有地売却に関する“決裁書の改ざん”!!
都合の悪い部分を削り取って書き直しちゃった!



役人の胸算用ひとつで公文書が書き換えられていたなんて、、、、
きっと森友だけが特別なことではなく、これまでも“自由に”書き換えが行われていたんだろうなあ。


あ〜あ、今でも官僚は所詮、刀筆之吏なんだなあ〜!


私たち国民は一体、何を信じればいいんだろう?



kaizan02.jpg

kaizan01.jpg




posted by るしあん at 22:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。