2018年04月25日

記憶にございません@


国会での証人喚問の決まり文句と言えば、「記憶にございません」。
後ろめたい人には、実に、便利な言葉です。

私が中学生のころ、ロッキード事件に絡む証人喚問で小佐野賢治が「記憶にございません」を連発し、当時、大流行しました。
宿題を忘れ、先生に「記憶にございません」と言ってこっぴどく怒られたことを覚えています。


osano01.jpg


あれから42年、今でも、便利に使われているんですから大したものです。
先日の元首相秘書官は記者に対して「記憶の限りでは、お会いしておりません」なんて、アレンジを加えていました。


たしか当時、当の小佐野賢治は偽証罪(議院証言法違反)で懲役刑(執行猶予付き)をくらったんだと思います。
それがあって、野党は事あるごとに「証人喚問だ! 証人喚問によべ!」と騒ぐのでしょう。
「参考人招致」ではウソをついても罪に問われない、証人喚問なら偽証罪が恐くて本当のことをしゃべるだろう、という理屈で。

で、結局、証人喚問しても、自身や組織を守るために「記憶にございません」で逃げられて、余計に疑惑を深める結果となって、、、、
国民のモヤモヤとイライラは増すばかり。


野党のセンセたちは、証拠があいまいなまま、証人喚問という“国権”を度々発動すれば、国会の調査する機能が逆に軽んじられると思わないのかなあ!?
まるで、国権を軽視してるよう。



まともな政策論争はどこへやら、、、、

私たち国民は、いつまでこんな茶番を見せられるのだろう……




posted by るしあん at 19:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。