2018年08月20日

岐路


先日のこと、クールビズ姿のおじさん3人がご来店。
いかにも、銀行員風。
で、よく見れば、私の銀行員時代の同僚たちでした。

「午後から前橋で会議だから早めに支店を出て、るしあんに来たんだゼ!」

いや〜、なつかしい。7年ぶりの再会かあ!

3人とも支店長で、今度の異動で後進に支店長の席を譲るらしいのだけど、まだまだバリバリで、日々、頑張っているとのことでした。

「もう俺たちもあと3年で定年だぜ〜。高齢者継続雇用で職場に残るか、すっぱり辞めて何か始めようか悩んでいるんだ。」
「昭和36年生まれは、年金は65才からだから最悪だよなあ。60になったって、まだまだ働かなければなんないし、、、、」
「働き方改革なんてソフトイメージで法案をごり押しで通しちゃったけど、あんなの働かせ方改革だよな。役職を下りた後もずっと、労働団体から天下りしてきた奴にこき使われるんだぜ〜。」

おじさんの話題といったら、年金や老後の話しばかり……
そしてちょっぴりの愚痴……



そっか、私も働き続けていれば、あと3年で定年退職だったんだなあ。

振り返ってみれば、人生の岐路に立ったことは幾度となくあったっけ。
あの時、違う道を選んでいたら、今どんな生活を送っていたんだろうなあ。



「定年後は起業しようかなあ。」
同僚のひとりが定年起業を考えているようでしたが、私は大反対。






seizi01.jpg


以前、千原兄弟のせいじ(兄)が、辛辣な話しをしていました。

定年迎えたら起業するなんてことはやめた方がええ。
絶対、失敗すんで。
長いことサラリーマン生活を続ける中で、自分の生き方を変えるチャンスはぎょうさんあったはずや。
目の前にあるチャンスをずっと見逃してきたわけや。
そんなチャンスを活かすことができん奴は、この先かてうまくいくはずあらへん。


う〜〜ん、どうなんだろう!?
一理あるのかなあ!?



私は、ちょっと、せいじさんとは考え方は違うのですが、定年起業には反対です。

その理由は明日、ブログに書きます。




posted by るしあん at 17:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。