2018年11月09日

ボヘミアン・ラプソディ


行ってきました。
“ボヘミアン・ラプソディ”。
この日をずっと指折り待っていたんです。
公開初日の初回! ジャパンプレミアは叶わなかったので、何が何でも初回に行こうと決めていたんですよ。


いきなりブライアン・メイのギターとロジャー・テイラーのパーカッションによる“20世紀フォックス”のファンファーレ(これには“やられた”)!
のっけから期待はMAXに!

全編、最初から最後まで、全身鳥肌&涙、涙、、、、
陳腐な表現しかできませんが、すべての曲が魂に響いてくる!
ラミ・マレックが本物のフレディ・マーキュリーに見えるのではなく、“フレディが生き返った!”と思えてくる!

そして、、、
ラストの21分は圧巻。自分がまるで『LIVE AID』にいるかのよう。
映画なのに思わず、ライブ会場の観客になって手を叩いて一緒に歌い出してしまいそう。




qbr01.jpg




遠い昔、まだ中学生だった頃、私は、ラジオで深夜放送を聞くのが大好きでした。
小林克也やあのねのねのオールナイトニッポンに夢中になって、寝るのがトラックドライバー向きの2部が始まる朝3時になることもしばしばありました。
リクエスト葉書も出したりして、、、、 でも、かけてもらうことはなかったなあ、、、、


ある晩、そんなラジオから流れてきたのが“キラー・クイーン”。
なんてかっこいい曲なんだろうとゾクゾクしたのを今でも覚えています。
音楽のことなんてろくに解らない中学生にも鮮烈なインパクトでした。
初めて聴いた曲で一発でファンになってしまいました。
“一目惚れ”ならぬ“一耳惚れ”。
お小遣いを貯めて買ったLP『シアーハートアタック』は宝物でした。
以来、45年近く、ずっとクイーンのファン。




でも、私が知るのは不朽の名曲の数々と光の中に立つエンターテナーとしてのクイーン。
“影”の部分の物語なんて知らなかった、、、、

この映画で、フレディの栄光と挫折、孤独を知ることで一層クイーンが好きになりました。



フレディにしてもジョージ・マイケルにしても、現在(いま)のようにLGBTへの理解が進んでいれば、あんなに生き急がなくてもよかったのかなあ。





ともかく、

マニアックな一部のファンや高慢な評論家がどんな難クセを言おうが、そんなもの、たたみかけてくるサウンドが一蹴してしまう、そんなエネルギーを持った映画です。

是非、音響設備の優れた映画館で観てください!!

絶対、おすすめです!!!



qbr02.jpg


posted by るしあん at 14:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。