2019年05月17日

今年も米作りが始ました


今年は新しい田んぼで、新たな米作りを始めます。

るしあんの田んぼは、秋口に、いよいよ大型ホームセンターの建設工事が着工するので、今年から耕作できなくなってしまいました。
近くに住宅がないので、赤城山や榛名、子持、小野子、遠くに武尊や谷川岳の山々が見渡すことができました。
まさにふる里の田園風景でした。
そして、孫たちと泥だらけになって遊んだ思い出いっぱいの田んぼなのでとても寂しく感じます。

一昨年耕作放棄地を開墾して復活させた田んぼは、上の田んぼがとんでもないクレーマーで、昨年一回米を作っただけで泣く泣く放棄。
土手にトラクターのロータリーが当たれば「俺の土手を傷つけた。どうしてくれる!」。
「ここが境だ!」と言って水源に大きな石を並べる等々、常軌を逸した嫌がらせにホトホト閉口しました。
借り手が見つからず長年耕作放棄地になっていた理由がわかりました。



ということで、昨年、町長さん(当時)にお世話していただき、高齢者のお宅の優良な田んぼを貸していただくことになりました。
今年は心機一転、新しい田んぼで米作りします(^v^)
同じ吉岡町内でも旧明治村地区で、水も貯め池から水路で引き込むので、私にとっては初めてのことばかりで、戸惑いもあるのですが、試行錯誤しながら美味しい米を作ろうと思っています。

GW前には近所の土建屋さんが重機を持込み、レーザー水平機で真っ平らにならしてくれました。
先日は、義弟の同級生に土手を作ってもらったんです。
腰や背中に負担をかけるわけにはいかないので、今年はみんなに甘えて手伝ってもらっています。

身体への負担を考慮して、JAから苗をもらってくるのも例年よりも10日遅くしました。
田植えや稲刈りなど一連の作業も遅れますので、今年のるしあんのお料理の新米切り替えは10月10日頃になりそうです。(とはいってもお天道様次第ですが、、、)



newtanbo201901.jpg
ブルドーザーで真っ平らに均した田んぼ。

newtanbo201902.jpg
土手も機械を使って出来上がり

nae2019.jpg
今年から苗はこれだけ!



今年は昨年の3分の2くらいの作付けです。
量は減っても手間ヒマは同じ、、、
歩けなくならない程度に頑張ろうっと(*^^)v




posted by るしあん at 21:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。