2019年05月25日

警備渋滞に思う、、、@


トランプ大統領の来日の警備で都内は検問のため、いたるところで大渋滞しているようですね。
駅や空港でも一段と厳しいテロ対策警備が敷かれているようです。



rainichi01.jpg

rainichi02.jpg



私は30年前、昭和天皇の「大喪の礼」の時にカナダから帰国したことがあるんです。
あの頃は、今ほどテロには敏感ではなかったものの、その1、2年前に金賢姫による大韓航空機爆破事件があったので、空港の警備は実にものものしかったんです。
バンクーバー空港では日本行きのすべての乗客のスーツケースが開けて調べられました。
家族へのお土産にOKショップ(大橋巨泉さんのお店)で買い込んだカウチンセーターがあまりに嵩張るので、スーツケースの上に正座してやっと鍵をかけたのに、、、、
警備員の前で、ロックをカチャッと外したとたん、まるでびっくり箱のようにセーターが飛び出してしまって、、、
「Wow!」
仏頂面の警備員もさすがに吹き出してしまい、チェックの後は後方のスペースを貸してくれ、
「ソーリー! そこでまた詰めて直してくれ。グッド・ラック!」

やっとスーツケースを預けチェックインしたら、今度は厳重な手荷物検査で、、、
ほんと、「もう〜、勘弁してくれよ!」って感じ。

一番ビックリしたのは、やっとシートに腰を下ろしたら、シェパードを連れた警察官が機内に乗り込んで来て、通路をクンクンさせて先頭から最後尾までチェックして歩いたんです。
小さなお子さんは、いきなり大きな犬の登場で怯えまくり。
私もそれまで何度か国際線には乗ったことがあったのですが、こんなことは初めてでした。

当然、離陸は2時間近くも遅くなってしまいました。
日本に到着したらどんなチェックが待っているんだろうと思っていたら、意外にも全く検査無しで素通りでした。
持ち込みの段階で厳しく看られたので、成田ではその必要がなかったようです。
ただ、帰路のリムジンバスは検問渋滞につかまりノロノロでしたが、、、



今日の都内の検問渋滞のニュースを観て、30年前をなつかしく思い出しました…




そういえば、ブリティッシュ・コロンビアで知り合ったバックパッカーの兄ちゃん、日本が昭和が終わりすでに平成になったと教えてあげたら驚いていたなあ。
SNSなんてネットが無い時代、情報難民化する旅行者がいたんだよなあ、、、 “今は昔”の物語です。




posted by るしあん at 21:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。