2019年11月03日

今日は小噺を一席


え〜、今日は永田町界隈の小噺を一席お付き合い願います。


「よう、ミノタケ君、久しぶり!」
「やあ、アメオトコ君じゃないか! 久しぶりだねえ!」
「どうだい、一杯、行くかい?」
「いいねえ。じゃあ、セクシー君も呼ぼうか?」
「だめだめ、彼は新婚さんで忙しいんだから。」
「そうかあ、それじゃあ、シャジョウウンドウインバイシュウ君でも誘おう!」
「いや、彼は奥さんのケツを拭くので忙しいと思うぜ!」
「よしっ、じゃ、コウデンメロン君を呼んで3人で飲もうや!」


ということで、3人がやって来たのは、『居酒屋シンゾー』。


入口にはこんな張り紙が、、、
『“孫にツケ”で、好きなだけ飲み食いできます!』

「おっ、いいねえ! ツケで飲めるってよ!」
「ありがたい。俺、今、金が無えんだ!」
「たらふく飲むべえ!!」


hanasika.jpg


いい気分でたいそう酔っ払った3人、、、
「さて、そろそろお開きにして帰えるかのぅ!」

すると、居酒屋の主人がやって来た。
「本日のお代は、こちらになります。」

「えっ、なんだとう! ツケでいいって、そこに書いてあるじゃねえか!」



「いえいえ、お客様。今日払っていただくのは、あなたのおじいさんがツケで飲んだ分でございます!」



2020年度予算は今年度に続き、総額100兆円を超える見通しです。
6年続けて、100兆円を超える大型の一般会計概算要求になりました。
主な内訳は、医療・介護などの「社会保障費」が約32.6兆円、防衛費約5.3兆円、巨大地震対策などで約7兆円、そして国債償還や利払いなどの「国債費」が約25兆円。
そして、その支出をまかなう財源の多くを占めるのは言わずと知れた「国債」。
借金返済のために借金を重ねる、、、 世間ではこれを“自転車操業”というのですが、、、 (T_T)

借金を減らすと言っていた総理ですが、長〜い在任期間中ついぞ減らすことは一度もありませんでした。
将来にツケを回したわけです。

超高齢化社会を迎え医療費や年金は膨らむばかりなのに、労働人口(若年人口)は減少を続けており明るい展望は見えてきません。

そればかりか、格差はどんどん広がるばかり……
ミノタケ君に翻弄された高校生には心底同情してしまいますが、あながち「身の丈」発言は的外れではなく、平等であるべき教育現場にも格差が生まれつつあるのかもしれません。

子ども達に“借金”と“格差”を残すんじゃあ、あまりに忍びない。



さてさて、、、

あなたは、孫のツケで飲むお酒、美味しく感じますか?



子ども達に「夢」を与えるのは、私達大人の責任です!!!



seizika01.jpg


posted by るしあん at 21:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。