2020年09月19日

赤い舌


こんな地理の問題を日本、中国、それぞれの学生に質問したらどう答えるでしょうか。

Q.中国の最南端の場所はどこ?

日本の学生:海南島

中国の学生:南沙諸島

と、まあ、きっと、こんな答えになるでしょうね。


では、これならどうでしょう。

Q.中国人が考える中国の最南端の場所はどこ?

日本の学生:南沙諸島

中国の学生:南沙諸島

日本の学生も、中国が南シナ海での権益を主張していることは報道等で知っているでしょうから、きっと両方とも南沙諸島で答えは一致するでしょうね。


ところが、同じ南沙諸島でも両者の思い描く範囲はずいぶんと違うはず。
日本では、たびたび、「中国が勝手に岩礁を埋め立てて基地を作り、ここは中国だと主張して周辺国に緊張をもたらしている(いわゆる戦狼外交)」と報道されているので、日本人の考える南沙諸島はこの辺り(ベトナムとフィリピンの間の南シナ海辺り)までなのではないでしょうか。

一方の中国では、教科書で「最南端は曽母暗沙(そうぼあんさ)である」と教えています。
この曽母暗沙は、南沙諸島というより、もはやボルネオ島沿岸です。
しかも、暗沙とは暗礁のことで、常に水没しています。
島でも環礁でもないところを領土と主張するんだから、なんというか、、、
ましてや、それを教科書に載せて子どもに教え込むとは、、、

実際、地図で見ると、マレーシア(サラワク州)からはわずか約80qであるのに対し、中国大陸からは約1,900qも離れています。
当然、マレーシアは、自国の排他的経済水域(EEZ)内の領土と主張しています。



retan03.jpg



では、中国の主張の根拠はどこにあるのか。
それは“中華民国時代に作製された地図に「九段線」とよばれるU字ラインの内側に曽母暗沙が明記されており、中国はその内部に歴史的に権益を持つ”としていることなのです。
この九段線、まるで“あかちんべえ”をしてベロを突き出しているかのごとく。
だから、別名『中国の赤い舌』と形容されているのです。



こうした南シナ海での中国の権益は、オランダ・ハーグの仲裁裁判所判決によって明確に否定されました。
そもそも、はなっから国際海洋法上、海に沈んでいる暗礁は領土と認められていません。
あの判決から早4年。
周辺国は摩擦が減ることを期待していたのに、良くなるどころか逆に、中国は最南端の領土保全を国民にアピールするため、益々、中国海軍の戦艦を派遣しています。
中国の教科書は判決後も相変わらず「曽母暗沙」と教えています。

日本においては、沖縄・尖閣諸島に艦船や民間船を侵入させる“嫌がらせ”が続いています。
台湾・ベトナム・フィリピン然り。
性質が悪いのは、コロナ禍に紛れて侵犯を続けていること。
最近はブータンでも国境問題を引き起こしています。



とうとう、ポンペオ米国務長官は苛立ちを隠せず、今月8日の記者会見では
「世界はこの“いじめ”を許すべきではない。」
と強調し、中国にキレていました。
一方、中国は即座に反応し、報道官や王毅外相は声を荒げてアメリカを批判していました。



retan02.jpg



アメリカでは大統領選を控えて、強いアメリカをアピールすべく、一層の中国批判を強めています。
周辺国をいじめる中国はまるでジャイアンのようですが、それを“口撃”するトランプさんもまるでジャイアン。
ジャイアンVSジャイアンの間に立つ菅日本は大変だ!


話しはちょっと脇に逸れますが、ワイドショーのあるコメンテーターがしたり顔で「菅総理では外交が心許ない」なんて言ってたけど、それは違うんじゃない!?
安倍さんだって、中曽根さんだって、最初はそう言われたけど、経験を積む中で他国の宰相と信頼関係を築いて外交に力を発揮したんだから。
イメージだけでその人の力量を決めるワイドショーって、どうなのよ?



赤い舌を益々広げようとする厄介なお隣さん。
米中の互いの高ぶるナショナリズムが、いつかひょんなことから摩擦を超えた“不測の事態”にエスカレートしないだろうか。

日本でも『空母いぶき』が現実になるようで空恐ろしい……



いつの日か、双方の学生の答えが、本当の意味で一致する日はやってくるのだろうか?


retan04.jpg




posted by るしあん at 16:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。