2020年11月29日

いい肉


今日、11月29日は語呂合わせで“いい肉の日”。
「GoToイートのチケットも使わないともったいないし焼き肉でも食べに行こうか」ということになり、いつも行く渋川の焼き肉屋さんに行ってきました。
ここのところの新型コロナ感染拡大を受けてお客さんは減っていて、お店はガラガラ状態。
お店も気遣ってくれて、家族5人で行ったのに20人用の個室を用意してくれました。
せめてものお礼と、お互い頑張ろうという気持ちから、いつもよりちょっとお高いのを食べてきました。


iiniku02.jpg

iiniku01.jpg



ところで、ここ群馬県は、今日は“いい肉”にちなんで『ぐんま・すき焼きの日』なんです。
県外の方は「えっ、そうなの? 群馬ってすき焼きがソールフードだったの?」と思われるかもしれませんね。
そりゃそうです。生粋の群馬県人の私だって「?」なんですから。
もしかしたら、貧乏農家のうちだけが「すき焼き」に慣れ親しんでいないだけなのかもしれませんが(T_T)

県HPには、
「“すき焼き自給率100%”の県として、“ぐんまのすき焼き”を県内外に浸透させ、県民を巻き込んだ“オール群馬”の取り組みの強化をする。」
とあり、2014年に『ぐんま・すき焼きの日』を制定したそうですが、、、
どうも、富岡製糸場の世界遺産登録に便乗して、県産農作物をアピールしようとした「官製ソールフード」のようです。

そもそもソールフードとは地域文化に根差すわけで、私はやっぱり“やきまんじゅう”や“おっきりこみ”がそれに当たると思うんだけどなあ。
県外の人だって、群馬に来て食べるのは“おっきりこみ” “水沢うどん” “太田焼きそば”等々で、わざわざ“すき焼き”を食べるために来県する人はいないんじゃないかな。
っていうか、すき焼きを提供する店自体そんなに無いし。


iiniku03.jpg



そうそう、先日、富岡市在住の知り合いから「下仁田ネギ」を頂いたんです。
“湯豆腐”と“素焼きネギ”で食べたんですが、これが超〜美味しい!!
日本酒も進み、幸せな食卓でした…
やっぱり「下仁田ネギ」は群馬が誇る食材だなあ、と実感しました。

こう考えると「食材があっても料理とは関係ない」のでは?
県がアピールすべきは、「下仁田ネギ」「赤城牛」などのブランドを筆頭にした県産ネギ・県産牛肉・県産コンニャクだと思うのですが、、、



とはいえ、私も群馬県を心から愛してるひとり。
せっかくお上が「すき焼き応援県・宣言」をしてくれているんだから、早々“懐疑的”にならなくてもいいか!?


ヨシッ! 次のGoToイートチケットは“どん亭”で使うか!!!





posted by るしあん at 23:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。