2020年12月22日

星空観察A


そういえば、サラと星空観察をしながらふと思ったのですが、もうすぐクリスマス。
“ベツレヘムの星”の季節なんだなあ。

イエス・キリストが磔になった時に呼び寄せたといわれる“東方三賢者の星”。
研究者によると、紀元前7年に木星と土星の大接近(0.7度まで近づいたそうです)があり、3回合体したように見えたのでは、とのこと。
この星の動きによって“イエスのそばに賢者が集った”といわれるようになったのではないかとの説がどうも有力なようです(諸説あり←チコちゃん風)。
実は、木星と土星の公転周期からすると、1年に3回も近づいているので、現象的には珍しくも何ともないのですが、1度未満までの接近はまれなのだそう。
遥か大昔に0.7度まで近づいたことを見逃さなかった天体観測技術はすごいもんです。



星の動きを人間の運命と結び付ける考え方は洋の東西を問わず、「占星術」という形で成立していきました。
「航海術」もいわば“星読み”。
「はるか太古の昔から、人間は星に導かれてきたのだなあ」なんて思いながら星空を眺めていると、ちょっとロマンに浸れます。



自分の進むべきに道(人生)に迷っている貴方、今宵は雄大な宇宙を眺めてみてはいかが?




betu01.jpg

あなたの家のクリスマスツリーのオーナメントにこんな星はないですか?
この“八芒星”こそ、“ベツレヘムの星”なんですよ!!




posted by るしあん at 23:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。