2021年02月12日

根っこの話し


森会長が女性蔑視発言で辞任しましたね。
国内はもとより海外でもかなり批判が大きくなっていました。
小池都知事による「4者協議」出席拒否が、事実上の決定打になったようです。
瀕死のじいさんの首に咬み付いて息の根を止めたって感じなのかな!?
小池さんにしてみれば、マラソン競歩の札幌移転の根回しの際に森さんからカヤの外に置かれた意趣返しをしてやったりということなのでしょう。
森さんの方は先手を打って、ただでは辞めずに川淵さんを後継指名して、ちゃっかり影響力だけは残した、、、 まっ、一矢報いたってことなのかな。

でも、こんな程度の低いことやってりゃ、ますます海外から物笑いの種にされそう。
大体、世間の猛批判を浴び、海外からも総スカンを食って辞任に追い込まれた人間が、なんで次の人を指名するわけ? しかも密室で <(`^´)>
さすがに川淵さんだってわざわざ火中の栗を拾いに行くおバカさんじゃないでしょうし、、、
透明性を持って次を決めないと、国民はどんどん離れてっちゃうことがなんでわからないんだろ?



kamitsui01.jpg





今回の一連の辞任劇、そもそも、この問題の本質は一体、何なのでしょう?
それは古い価値観から脱却できない親分の失言などではなく、日本の社会が“おじさん中心”の構造で、おじさん達に誠に都合よくできているという構造的なゆがみにあるということを忘れてはいけないと思います。
“平等や多様性を大事にできない森さん個人を批判して辞任させて終了”では根本的な解決は何ひとつできません。

例えば、ここぞとばかりに森批判に紙面を割いた各新聞社―――、貴社には何名の女性主筆や女性役員がいるのでしょう?
例えば、世の中の趨勢を見て批判を展開したスポンサー企業―――、貴社は子育て中の女性が働きやすい職場になっていますか?
例えば、今が目立つチャンスだとばかりに森批判をツイッターでつぶやいた某知事さん(小池劇場と辞任劇で全く目立ちませんでしたが、、、)―――、我が県は子育て中の男(!)性職員が育休をとりやすい環境になっていますか? 障がいを持った方が積極的に働けるように門戸を開いていますか?


この問題の真の解決は、今の日本の社会の仕組みを変えていくことなのではないでしょうか。
家長制度の中を大人になった昭和のおじさんには価値観を変えるのは容易ではないのかもしれませんが、、、 それでも時代に折り合いをつけなければならないんです。




“復興五輪”と銘打ってたのに、いつの間にか“(コロナ)克服五輪”にすげ替えられていて、、、
“何が何でもやるオリンピック”って、一体誰のためにやるの?
そもそも本当にやる意味あるの?
やったら日本は何か変わることができるの?

開幕まであと半年、もう時間はわずかしか残っていないけど、改めてもう一度ひとりひとりが“オリンピックの意義”について考えてみるいい機会なのかも!




そして時間はかかるけど、ひとりひとりが身近な差別に気付き、正していくことで社会を少しずつ変えていければいいですよね!






posted by るしあん at 20:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。