2022年11月20日


大谷翔平選手の2年連続のMVP獲得が成らなかったのは、とても残念でした。
ベーブルースを超える異次元の活躍でしたが、ジャッジ選手のホームラン記録もまた異次元でした。
ホームランの方が華やかだし、アメリカ人記者受けしたのかなあ。
たくさんの人が、今年に限っては、“2人に授与してもいいんじゃねえの”と思っているんじゃないでしょうか。



大谷選手が花巻東高校1年の時に薫陶を受けたのが、佐々木洋野球部監督。
この佐々木監督は、「おまえは運がいい」と言われ続けてきたそうです。
「菊池雄星を獲得できて運がいい」「棚ボタで選抜(春の甲子園)に出て準優勝できて運がいい」などなど、、、
こんなことばかり言われるものだから、さすがにムッとしたそうです。

しかし、ある時、考えが変わったのだそう。
「運は、運をつかむために自分をコントロールしている人のもとにしか来ない」と悟ったのです。
佐々木監督は対談で、自分の何をコントロールしているかを語っています。
それは、4つ。
@言葉
A友人など一緒にいる人
B態度や身だしなみ
C感謝と謙虚さ
このことを、選手たちにも指導しました。



大谷選手は、高校1年生の時には「目標達成シート」を作り、目標を明確化して達成のため必要な要素を整理したそうです。
目標は先輩の菊池雄星越えの「プロスカウト8球団」として、その要素には当然、「体力面」や「技術面」を書き入れましたが、もう一つ大事な要素がありました。
それが、「運」だったのです。

それじゃあ、運をつかむために何をするか?
それは、今では大谷の代名詞ともいえる「球場内のゴミ拾い」。
そして、「あいさつ」「道具を大事に扱う」などなど。

大谷選手を見ていると、ホント、運は、運をつかむために努力している人のもとにしか来ないと思えてきます。
そういう意味では、佐々木監督と出会っていなければ、今の大谷選手はいなかったのかもしれないですよね。



mand01.jpeg

大谷マンダラチャート.jpg



これは、大谷選手が運を引き寄せるために作ったマンダラチャートで、下は「運」の部分だけ拡大しました。
(マンダラチャートは、「9×9」の81マスで構成されています。)
これを高校1年生の時に作成して、大成した今でもずっと実践、努力しているのだから驚きです。




ムー民的な話しをひとつすると、、、
宝くじの高額当選した人の多くが実践していたこと。
その共通点は、宝くじ売り場までの道中でゴミ拾いをしていたそうです。

「運」はただ待っていても来てくれません。
誰でも簡単にできる“引き寄せ方”を紹介します。
それは、「いつも玄関を綺麗にしておく」ただこれだけです。
玄関は気の入り口なので、そこをいつも綺麗に整理整頓しておけば良い運気が入ってきてくれるそうです。
反対に汚くしておくと悪い運気がやってきます。
散歩の時に取った愛犬のウンチ袋をチョット玄関先に置きっ放しなんて厳禁です!




パワーストーンはただの石。
壺はただの焼き物。
「運」はモノには釣られません、あなたの行いでやってきます。

運が悪いとお嘆きの貴方、くれぐれも変な宗教にだまされませんようにネ!!



あなたも大谷選手のマンダラチャートを参考にして、ご自身のチャートを作ってみてはいかがでしょう (^O^)






posted by るしあん at 20:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。