2024年01月20日

三代目のはなし


先週は近所のお寺さんの縁日でした。
娯楽の乏しかった昔は、境内にいろいろな屋台が並ぶのが嬉しくて、新年の初縁日が待ち遠しかったなあ。
私が小学生の頃は、「男はつらいよ」の寅さんみたいな啖呵売りの人も店を出していて、口上が滅茶苦茶面白かったのを今でも覚えています。
袋の中に白へびが入っていて(中身はきっと普通のヘビ)、中を見せることは決してしないのだけど、口八丁でお客を引き付けて、そして最後に何にでも効く軟膏を売り付けるのです。
ホクロも取れるなんて言ってたなあ。
1個500円の缶が、最終的に3個で500円くらいになっていたと思います。
寅さんの大ファンの私は今ディアゴスティーニのDVDで映画を見返しているのですが、遠いあの頃の縁日を思い出しノスタルジーに浸っています。



ototura01.jpg



縁日では、毎年、唐辛子を買うのですが、今年は若いお兄ちゃんなので「?」。
訊けば、唐辛子屋を継いで、世代交代したのだそう。
数十年前にも「跡を継いだ」っておじさんが言っていたから、私の知るオヤジさんのお孫さんってことなのかあ。
いやあ、、、私も歳とったもんだなあ、、、

「毎度ありがとうございます。インスタ、フォローしてもらえれば瓢箪をプレゼントします」って、、、
いやはや、なんとも、今時の“若え衆(わけえし)”だなあ〜。

でも、口上も素材を混ぜる手際も良く、頼もしい三代目でしたよ。



sitimi01.jpeg

sitimi02.jpeg




そうそう、私の大好きな酒の肴なのですが、、、
サンマの刺身を、大量の七味を入れた醤油で食べるのです。
見るからに激辛そうなのですが、新鮮な混ぜたての七味だと旨味が勝って、それほど辛くならず刺身の美味しさを引き立てるんです。

新鮮な七味が手に入った時は、是非、お試しください。
おすすめです!!!



sansasi01.jpg










posted by るしあん at 22:09| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。