2018年12月24日

草刈り


先日の毎日新聞の資源・食糧問題研究所、柴田明夫所長のコラムから引かさせていただきます。

それによると、高齢の農業者がリタイアを決心する理由は、
・田畑の鳥獣被害
・田んぼの草刈り
だそうです。

まさにその通り。
るしあんの田んぼの周辺を見ても耕作放棄した田畑は、みな草刈りがしんどくなったおじいちゃんのところばかりです。
勤め人の息子・娘は仕事が忙しいし、そもそも百姓の経験などなく、手伝いになりません。

「はあ草刈りができねえんで、農業公社のやっかいになって田畑を貸して、おらあ百姓をよすんさのう」
こんな声を幾度となく聞いています。



私自身、狭窄症を患って実感しました。

「田んぼは杖をついてでも水の見回りに行けるが、草刈りだけはどうにもならない!」

家族や友だちに助けてもらえるのも数回で、重労働をそうそう頼めるものではないのです。



草刈りしないでおくと、今の時期、枯れ草に覆われ、消防署からお叱りを受けるし、、、、
なかには、1日1万円程度で近所の農家に草刈りを依頼するおじいちゃんもいます。
そうなると、もはや、土地は財産ではなく、単なる“金喰い虫”です。
うまく借り手が見つかればいいのですが、やめたくてもやめられないでヒーヒー言ってる農家があるのも事実なんです。



そこで登場したのが、草刈りなどの後方支援をしてくれる「会社」。
そのひとつの例。
8つの集落営農組織が連携して起した会社『未来サポートさだ』では、地域農業の活性化を目的に、高齢化、後継者不足といった問題に対し、そばや大豆などの生産、野菜の集出荷をメインに行っています。
その中の「後方支援」と「耕作放棄防止」を兼ねた『耕放支援隊』が草刈り作業を受託しています。
隊員(社員)はデンマーク産の草刈りロボットを駆使して、平野部の田んぼだろうが、棚田の急なのり面だろうが、雑草をバンバン粉砕しながら刈っていくそうです。

実に頼もしいかぎりです。

これから益々高齢化が進む農業の現場では、人出不足を“知恵(アイデア)で補う”ことが必要不可欠です。



kikaino01.jpg



過般はロクな議論もしないまま、「人手不足解消」を錦の御旗に掲げて、外国人材法案が与党の強行で可決成立してしまいました。
「実習」の名のもと、安い賃金で長時間の労働をさせらる外国人が最も多いのが農業の分野だそうです。
草刈りはしてほしくとも、外国人を不当に安くこき使っているんじゃ、日本の農業はお先真っ暗です。
ていうより、そもそもこのままじゃ、外国人が労働を求める時に日本を選んでくれなくなってしまいます。




農業の歪みを無くし、高齢者が安心して離農できるようにするためにも、前述のような「会社」が増えていってほしいと願っています。




posted by るしあん at 19:25| Comment(0) | 日記

2018年12月23日

カフェのオヤジの今年最後の世迷言


先日のこと、日立製作所の原発輸出事業が暗礁に乗り上げたとのニュースがありました。
イギリスでの原発建設計画が行き詰まって、アベさんがトップセールスしていた原発輸出戦略もボロボロに、、、、
「ほら見たことか!」あるいは「やっとか!」と思った人も多かったと思います。
先の東芝の撤退劇でもわかるように日本を支えてきた大企業の屋台骨を揺るがしかねない“原発事業の失敗”です。
日本国民の多くが、東日本大震災を経験して、「リスクの大きい斜陽産業の原発輸出を官民あげて推進するなんて!」と、政府の方針に疑問を持っていました。



hitagen.jpg



私の記憶が確かなら、10年ちょっと前に、政府は原発事業を国内市場から輸出に舵を切ったと思います。
「原発技術の継承ができない」とか「技術が廃れる」とか、まるで“職人不足が心配だ”みたいなしょうもない理由を付けていたかと思います。
その後、民主党政権に交代して、大震災の原発事故を経験して、今度こそ変わるかと思いきや、とんでもない。ますます推進してしまった。
民主党は労働団体の顔色を伺い、労働団体の中には“原発反対に断固反対”する強大な労組がいて、まさに忖度の連鎖。

ようやく暗黒の民主党政権が終わったのに、アベさんは相変わらず「原発輸出」に固執してしまいました。
その理由が、
『事故の教訓を活かして、“世界一安全な原発”を提供できる』
なのだそうです。
ブラックジョークかよっ! って思ったのは私だけ?

ソーリのお考えが倒錯しているのか、原発の甘い汁がお好きなヤカラがウジャウジャいるのか、私のような小市民には想像もつきませんが、、、、



ちょっと話題は逸れますが、先日、決まった来年度予算案。
100兆円を超える大型予算がシレ〜〜と閣議決定されました。
毎年「次の世代に負担を背負わせない」と言ってますが、アベさんが借金を減らすところをついぞ一度たりとも見たことない <(`^´)>


原発に、赤字手形に、、、 ツケを回される次世代の人達が可哀想……
孫たちを本気で心配しているジイジなのです。



平成の次の御代が平穏で明るい世でありますように!!!




posted by るしあん at 20:43| Comment(0) | 日記

2018年12月16日

覇座


今年の流行語大賞は「そだねー」。
そして漢字は「災」。
こうして見ると、その年の世相を表す言葉はやっぱり明るい言葉の方がいいですよね。

かく言う私も今年一年を漢字一字で表わすなら同じく「災」になるのかなあ。
脊柱管狭窄症による腰の激痛、歩行困難、よろけて肋骨骨折。
開墾した耕作放棄地は隣の田んぼがとんでもないクレーマーで、たった一回米を作っただけで泣く泣く放棄。
私にとって受難の一年でした (T_T)
あ〜あ。

来年こそはいい年にしたいなあ!!



ところでお隣の中国。
中国には流行語大賞なるものはないようですが、連日メディアをにぎわした言葉があるそうです。
それが標題の『覇座(はざ)』。
覇座とは、他人の座席に座って譲らない乗客のことを差す言葉だそうです。
高速鉄道の指定席に勝手に座って、車掌の注意にも大声でぶち切れて「私の方が先に座った」とダダをこねる始末。
本来の指定券を持つ乗客はただ立ち尽くす、、、、
この一連の騒動の動画がSNSにアップされてネットが炎上騒ぎになりました。



bazuo03.jpg

bazuo04.jpg
(中国のニュースサイト転載)



折しも、外国のホテルで泣き叫ぶ中国人観光客のモラルが国際問題にまで発展。
重慶市ではおばさんが運転手に暴力を振るいバスが長江に転落してしまい15名もの犠牲者が出ました。

さすがにこうもモラルや常識の欠如が問われる事件が相次ぐと中国政府としてもどうにかしなければと思ったようで……




さて、ここで問題。
中国政府が国民のモラル向上のために行ったこととは何でしょう?




答えは、なんと「AI(人工知能)を駆使した社会信用システムの構築」だそうです。
アリババが創設した「信用スコア」による「顧客の格付けシステム」を“国民管理”に応用するんですって。

能力や善行によって加点され、反社会行為をすれば減点。
ネットで他人を批判したり集団で抗議行動をした場合なども減点(!)
格付け上位なら、商取引の金利優遇や、進学や就職の際にも優遇されるというんだからすごいもんです。
当局は「これでモラル向上につながる」と主張しています。

当然、点数が低ければ社会からつまはじきにされるわけで、、、、
欧米の人権団体から「究極の管理社会になる」と批判が出るのは当たり前のことです。



さてさて、一体どこのだれが国家に「格付け」などされたいものか <(`^´)>

モラルの向上に必要なもの、それはまず『教育』でしょ!!!


“覇座”が死語になるのは一体いつになることやら……




posted by るしあん at 20:37| Comment(0) | 日記