2019年06月16日

人生の時計


私が大好きな作家の一人、高橋源一郎さん。

十数年前、私がまだサラリーマンをしていた頃、社内報にちょっとしたコラムを書くことになりました。
文才などある訳も無く、順番で押し付けられただけなので、全くもって迷惑な話しだったのですが、、、
参考書でも探そうと頭を抱えて入った本屋で見つけたのが、高橋源一郎さんの『一億三千万人のための小説教室』(岩波新書)でした。

読んでみると、高橋さんの小説に対する思いや、読者に何をどのように伝えるかが綴られていて、実に面白い。
高橋さんのやさしい人柄が文字に表れていました。
小説といっても純文学作家を目指す方には大変参考になるものでしょうが、残念ながら私が書こうとするちっぽけなコラムにはあまり役に立ちませんでした (~_~;)

とはいえ、おかげで作家・高橋源一郎を知り、ファンになったのだから“結果オーライ”になりました。

私のコラムの方は、体験談をちょっぴり楽しく盛って、新入社員への応援という体裁に、、、
手前味噌ですが、結構上手に書けたと思います(ほめてくれる人は一人もいませんでしたが…)。



takagen.jpg



さて、そんな高橋源一郎さんですが、今日の新聞で、読者の人生相談に回答する高橋さんの文章が目に留まりました。
その言葉がとても優しく、示唆に富んでいて面白い。

人生の時計は、年齢を3で割ると良いのだとか。
例えば二十歳の人は、20÷3=6.66だから、午前6時40分。
そろそろベッドから起き上がって、楽しい1日を期待して顔を洗う頃でしょうか。

人生設計を思い悩む21歳の女性の相談に、
「人生の午前7時にいる貴方はやっと朝になり一日が始まったばかり。
起きたばかりなのに1日の予定ばかり考えている貴方は生真面目なんですね。
色々なことが未経験の貴方は、知らないことだらけなのに綿密な計画を立てようとする。
そんなことは、もう少し日が高くなってから考えればいいんじゃないですか?」



私は今月、間もなく58歳を迎えます。
人生の時計でいうなら、午後7時20分になります。
1日の仕事を終え、家でのんびり晩酌をしている頃、、、

いやいや、るしあんの借金を返すためにヒ〜ヒ〜言ってる私は、未だ「残業中」だなあ (T_T)トホホ、、、



72歳を超える方は、神様からの贈り物の時間。
健やかに、穏やかに過ごして下さい。




さて、あなたは今、何時何分を生きていますか?




posted by るしあん at 22:30| Comment(0) | 日記

2019年06月15日

ペルシャ


映画「アラジン」の舞台といえば中近東。
「アラビアン・ナイト」のエピソードのひとつがネタ元だそうです。


ところが、ビックリ!
アラジンの舞台はなんと「中国」なんだそうです。

「アラジンと魔法のランプ」はシェヘラザード姫が語った古い中国の物語として「千夜一夜物語」に登場しているのだとか。

アニメではどう見ても昔のアラビアっぽく描かれていて、私はずっとペルシャの物語だと思っていました。
「えっ、空飛ぶ絨毯って、“ペルシャ絨毯”じゃなかったの?」


映画前半の市場での立ち回りシーンなんて、私達が太鼓を叩いたダマスカスのスークそのものでした。
映画から、香辛料とオリーブのアラブ独特の匂いを感じるほどだったのに、、、


映画全編から感じたエキゾチックで摩訶不思議なイメージから、「舞台はペルシャ」と思った人は私以外にもいるはず、、、

一緒に観に行った女房に舞台はどこだと思うか尋ねると、
「わかんない。そんなの気にして観ない。ネットで調べればあ。」
訊いた俺がバカだった…



perus01.jpg


さてさて、そんなペルシャ(イラン)ですが、明治以来、日本とは大変親交が深く、石油の安定供給にはなくてはならない国です。
イランでは「おしん」が視聴率90%だったというのも有名な話しです。

最近のトランプさんの“イランいじめ”にアベさんが男気を出して仲介に動いたというのも、どちらの国にも親交深い日本ならではの外交といえるのでしょうね。
参院選を前に外交で得点を上げておきたいというスケベ心も見えますが、、、

ところが、訪問中に日本のタンカーがホルムズ海峡で襲われてしまう事態が…。
アメリカの陰謀か、はたまたイランの陰謀か?
日本とイランが仲良くなるのが面白くないアラブ首長国連邦やサウジアラビアの仕業か?
不謹慎にも陰謀論が大好きな人達には‘美味しいネタ’なようで、ネットがにぎやかになっているようですね。


小市民の私は、ただ、ガソリン価格が上がらないように祈るばかりです


perus02.jpg



話しは映画の「アラジン」に戻りますが、、、、

「A WHOLE NEW WORLD」を唄いながら絨毯で空をかけ巡るシーン。
眼下の街並みのその先に“紫禁城”(らしきもの)がちゃんと映っているんですって。
“舞台は中国”の証拠らしいのですが、本当かなあ!?

DVD化されたらスローで確認してみよっと!!


perus03.jpg



posted by るしあん at 18:12| Comment(0) | 日記

2019年06月10日

チケット


東京オリンピックのチケットのネット申し込みは、ものすごい応募数で、倍率も凄い事になっているようですね。

先日のお客様も10種以上の競技を家族人数で申し込んだとおっしゃっていました。

「もし、当選しちゃったらどうしよう。全部、当たれば100万円くらいになっちゃう。」

結構、そんな“当たればラッキー”的に数多く申し込まれた方が多いようですね。




私は、東京オリンピックより、来年1月の「クイーン+アダム・ランバート」日本公演の方が気になって、、、

先週、抽選発表があったのですが、残念ながらハズレてしまいました。

私など足元にも及ばないほどクイーンの熱狂的なファンのお客様がいるのですが、その方はJAPAN LIVEをプロモートするイベント会社の会員になって、会員枠の先行販売でチケットを手に入れることができたとおっしゃってました。

私もその手でいけばよかった、、、(T_T)トホホ、、、

ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーの年齢を考えると、これが最後の日本公演になる可能性もあるし、、、、

お二人には、いつまでも健康でお元気でいてほしいなあ。


postar01.jpg



クイーンの抽選倍率がすごい事になっちゃったのも、映画「ボヘミアン・ラプソディー」効果なんだろうなあ。



それにしても、私はなんでこうも抽選に弱いんだろう。

昔っからクジ運が悪くて、、、 

賞品や欲しい物が当たったためしがなく、当たるのは大抵当たりたくもない“○○係”なんてものばかり、、、






posted by るしあん at 15:51| Comment(0) | 日記