2019年11月22日

私は誰でしょう?


クイズ:私は誰でしょう?


〇常日頃「日本には正直になれ」と言っているのですが、何故か私自身がトランプや金正恩に「うそつき」と言われています。

〇私は、自称、“人権派”弁護士です。でも、北朝鮮の人権抑圧には一切発言いたしません。

〇実は私、経済オンチなんです。おかげで自国民の生活を苦しくしちゃってるけど、それを日本のせいにしています。

〇私にとって「南北統一」がすべてに優先! 北朝鮮主導だっていいんです。フンッ、日本ごときが文句言うんじゃねえよ!

〇三権、警察、マスコミを統制し、反対者を脅し、国民を騙し続けています。あっ、でも私のことを“独裁者”なんて呼ばないで。だって、私、なんてたって人権派弁護士ですから。

〇日韓が努力して積み上げた合意を一方的に覆したもんだから、私のこと無責任と思っているでしょ。でも「対話に応じない日本が悪い」とうそぶいてりゃ国民はみんな私の味方をしてくれるのさ。

〇支持率が下がったってへっちゃら。とりあえず「反日」を煽(あお)ってれば大丈夫。だって私の国には“あおり運転禁止法”なんてないんだから。




ごめんなさい!
あまりに難しいヒントばかりだったので、誰だか全然わからないでしょう。
難しいクイズでしたね。



munchan02.jpg

munchan01.jpg



ついさっき速報ニュースで、GSOMIAの破棄が土壇場で延長されたことが伝えられました。

アメリカの本気にビビったのか、ようやく頭を冷やして少しはマシな判断ができるようになったのか、、、
切れかかっていたロープがかろうじて、紐一本で残ったことは喜ばしいことです。



さてさて、

時が経ち、歴史は今日という日をどう評価するのでしょうか?






〈参考:「文在寅という災厄」武藤正敏(元駐韓国特命全権大使)著〉




posted by るしあん at 19:18| Comment(0) | 日記

2019年11月21日

大宰相の条件


落語では、「米屋や質屋は3代続かず」と言われます。
「貧乏人に嫌われる商売は長続きしない」からだそうで、江戸時代の庶民の生活が垣間見えます。

さて、時は現代、こちらの方は貧乏人に好かれているかはイザ知らず、首相の通算在任日数が憲政史上歴代最長に達したそうです。
総裁3期目の任期満了まで2年弱、有力な「ポスト安倍」候補が不在の今、記録は益々伸びるのでしょうね。

これまでの最長記録は桂太郎元首相。
ニコポンという愛称が示す通り、人当たりが良く、八方美人の倍、「十六方美人」と言われたそうです(毎日新聞・余録)。
私が知る桂といえば、「坂の上の雲」。小説に登場する“日露戦争に勝利した首相”というくらいしか知りません。
第1次護憲運動により退陣するまで政権を担当したのは8年弱ですが、その歴史的評価は悩ましいようで、その辺りが桂と言っても馴染みが薄い要因のひとつだそうです。


yamaguti.jpg


過般、某新聞で、「安倍首相にはなぜ大宰相の風格がないのか」という記事が載っていたのですが、思わず「なるほど!」と納得してしまいました。
“モリカケ問題”や“桜騒動”に見るように、一国を代表する立場にも関わらず、身内に厚く、問い詰められれば鼻息荒く強弁する姿に国民は引いてしまうのだとか。

憲政史上最長政権の“不治の病”ともいうべき「身びいきと強弁」は安倍政権の悪習。
だから、首相が、権力者ともてはやされる反面、大衆に親しまれる雰囲気がないのだそう。

確かに、私達の郷土の誇る福田赳夫、中曽根康弘、小渕恵三は国政全局面を概括的に俯瞰して政治を行い、税金を自分に都合いいように使うなんてセコイことしなかったし、大衆にも親しまれていました。
威風堂々たる姿は大宰相の風格がありました。


joshusori01.jpg





あっ、私、決して「長さじゃ長州にかなわないけど、風格なら上州の勝ちだもんねえ」なんて負け惜しみを言っているわけじゃありませんから!!



いずれにしても、どうも「長さ」が「大宰相の条件」ではないようで‥‥

今回の桜騒動、国民に届く言葉でやり過ぎを謝罪して器の大きいところを見せてほしいなあ。
「名簿も領収書も捨てちゃったもんねえ」なんて言い訳、あまりに小さい!!





posted by るしあん at 21:32| Comment(0) | 日記

2019年11月17日

ある川柳に思う



先生と呼ばれるほどの阿呆でなし (詠み人知らず)


古来より“先生”と呼ばれるのは、聖職者と言われる医師と教師だそうです。
病院の先生は病気を治してくれ、命を助けてくれる、、、
学校の先生は教え導いてくれ、人を育ててくれる、、、
「〇〇してくれる」のは崇高な志があってこそ、なのだそうです。
だから尊敬の念を込めて、人は先生と呼ぶようになりました。


さて、いつの頃からなんだろう、政治家を先生と呼ぶようになったのは!?
「うちの先生は、高速道路や新幹線を通してくれる。」
「うちの先生に頼めば、**大学に裏口から入れてくれる。」
「うちの先生なんて、春になれば桜を見せてくれる。」
どうも、こちらの先生がたは、「〇〇してくれる」原動力は己の“私欲”にあるようで、、、
権力をひけらかしたいのか、はたまた選挙対策なのか?
呼ぶ方も権力におもねいて、おだてて、すかして、おおよそ尊敬の念はないようです。



冒頭の川柳は、おだてられても木に登ることなかれという政治家への皮肉なのでしょうか。
あるいは庶民はちゃんと見透かしているんだよ、という嫌味なのかもしれません。



genron01.jpg



先日、非営利のシンクタンク「言論NPO」が、日本の政治に関する世論調査の結果を発表しました。
(調査は9月、18歳以上の男女計1,000人から回答を求めたもの)
調査は、日本の民主主義の改善策を探ることを目的として実施されました。

それによると、

Q.政治家を自分たちの代表だと思うか?
・「思わない」「どちらかといえば思わない」‥‥45.0%
・「思う」「どちらかといえば思う」‥‥41.5%

残念ながら、45%もの人が政治家は国民の代表と思っていないことが判明してしまいました。

そして、その理由を尋ねると、約4割の人が、
「政治家が有権者を意識するのは選挙の時だけだから」
と回答しています。


さらに、政治家に日本の課題解決を期待できるかとの問いには、
「期待できない」「あまり期待できない」が、計70.9%に上ってしまいました。



さてさて、

先生がた、この結果をどのようにお感じになりますか?




posted by るしあん at 19:45| Comment(0) | 日記