2017年09月26日

10月の営業案内


10月の営業のご案内です。

第1週の平日5日間(2日(月)〜6日(金))は、一連の稲刈り作業のため、臨時休業となります。

10月7日(土)は、昼12時オープンとなります。

よろしくお願いします。



天候にもよりますが、乾燥まで順調に進めば、第2週より新米に切り替え、併せて新米の販売も始められると思いますので、お楽しみに!!!


201710月カレンダー.jpg





posted by るしあん at 12:07| Comment(0) | 日記

語感


我が家の先代のラブラドールは黒のミント君とチョコレートのチョコちゃんでした。

我が家では、大型犬の多頭飼いは初めてのことだったので、しつけには、本当に苦労しました。

あまりのやんちゃぶりに、“黒い悪魔”と“茶色い悪魔”と呼んでいたんですよ。

アイズ・ドッグトレーニングの門を叩いて1年、ようやく“いい子”になってくれました。

今にして思えば、2頭に振り回された日々でしたが、楽しいドッグ・ライフだったと懐かしいです。

2頭の訓練中は、何事も一発で決める黒ラブに対して、全く言うことをきかないチョコラブ。

あまりに対照的な2頭に対して、夫婦でよく「チョコは劣性遺伝子だから仕方ないよねえ」と話し合ったものです。


CHOCO&MINT.jpg



さてさて、今日の本題。

先日の新聞にこんな記事が、、、、

「誤解を招く遺伝の法則“優性・劣性”の用語改定へ」


日本遺伝子学会によると、
『遺伝子の特徴の表れやすさを示すにすぎない“優性・劣性”だが、優れている、劣っているという語感があり、誤解されやすい。
そこで、「優性」は「顕性」に、「劣性」は「潜性」と言い換える、また、「変異」は「多様性」とする。』ことに決まったそうです。


そっか、私は誤解をしていたのか!

チョコレートは、黒や黄色の遺伝子があると発色しない“表れにくい”色の遺伝子というだけで、“しつけも入らないおバカさん”の遺伝子というわけではなかったんだ!!!


天国のチョコちゃん、“茶色い悪魔”なんて言って厳しくしつけてゴメンよ〜〜!!!


posted by るしあん at 07:13| Comment(0) | 日記

2017年09月25日

バブル


数年前、中国でチベタンマスティフに1億円の値が付いたと聞いてびっくりしたことがありました。
「あ〜〜あ、中国もバブル真っ盛りだなあ。」
この先、大丈夫なんだろうかと心配しました。

日本でもバブルがはじけた直後には、シベリアンハスキー始めたくさんの大型犬が山に捨てられ問題になりました。
飼うスペースが確保できなくなった、餌代が賄えなくなった、など、飼い主の身勝手な理由でした。


案の定、中国でも“犬バブル”が見事にはじけて、多くのチベタンが野犬化してしまったそうです。

その背景には、
もうかるという理由で、悪徳ブリーダーが無理に繁殖させたため頭数が増えて、希少価値が下がってしまった、
“金持ちのステータス”になると理由だけで、飼育方法も知らない成り金が買って持て余した、
などなど、誠に不愉快極まりない理由があります。


そもそも、犬に「億」の値が付くこと自体ありえないことなのに、バブルの狂乱の中にいる人には、それがわからなくなってしまうんだなあ。
見方を変えれば、国民全員が熱病のように「あの国は悪い国だ。攻撃しなければ。」なんて、うなされようものなら、戦争に突き進んでしまうことだってあるわけだし、、、、
集団心理恐るべし!


tibetan00.jpg
tibe03.jpg



ところで、以前、BS放送で、「畑ムツゴローさんが、チベタンマスティフを探して、チベットを旅する」という番組があったんです。
その番組を見てから、私も、力強さと高貴さを併せ持つチベタンの魅力にすかっり魅了されてしまいました。

現在、中国のなんとか省では、民間の保護団体が数多くのチベタンを保護して、善良な飼い主を探しているそうです。


あ〜〜、中国に行って、里親に名乗りを上げたい!!!



posted by るしあん at 05:33| Comment(0) | 日記