2018年08月21日

ライフシフト


昨日の続きで、定年起業はやめた方がいいという話。
リンダ・グラットン著『ライフシフト』を参考に書きます。

医療の進歩、生活の質の向上などにより、我々の寿命は伸び人生百年時代の到来も現実味を帯びてきました。
しかし、家庭における経済基盤がしっかりしていないと、“長生きがリスク”ということになりかねません。
超高齢化、労働世代の人口減少に伴い、年金財源の確保が難しくなり、年金は益々先細りしていきます。
医療費・介護費が家計の大きな負担になってきます。
つまり“長生き”は単純に喜べるものではないということです。

そして、必然的に「教育→仕事→引退」という人生のステージでは、「仕事」が長くなります。
会社にとっては、長くなれば当然、終身雇用制度を見直さなければならなくなり、社員は会社に依存してはいられなくなります。
終身雇用・年功序列といういわゆる日本的経営スタイルは終焉を迎えます。

長い老後、年金の縮小のために、定年になっても(60才を過ぎても)、まだまだ働き続けなければなりません。


高齢者継続雇用では収入が大きく減ってしまうし、定年後も同じ職場で働くのも気が進まないし、再就職はなかなか希望通りにはいかないし、やっぱり退職金を元手に会社でも起こそうかなあ、なんて考える方も増えていくかもしれません。


そこで、もっとも重要になってくるのは『生きがい』ということです。

ただ単に老後の家計を豊かにするために(いわば‘金’だけのために)、大事な退職金を起業資金につぎこんでしまうのは、余りにリスクが大き過ぎます。
ちょっと言い過ぎかもしれませんが、起業は“博打”ではないのです。
綿密な事業計画を立て(独善的な甘い計画ではなく)、そして、その計画書をコンサルタントや銀行員などの第3者に意見を仰ぐことが必要です。
定年起業の際はとかくハイテンションになりがち。
第3者の冷静なアドバイスを仰いでください。


そして何より、その事業に生きがいを感じられるかがとても重要です。
“生きがいを感じられる”ということは、起業するエネルギー、事業を継続するモチベーションになるからです。


明日は『生きがい』についてもう少し書きます。


ikigai01.jpg



posted by るしあん at 19:56| Comment(0) | 日記

2018年08月20日

岐路


先日のこと、クールビズ姿のおじさん3人がご来店。
いかにも、銀行員風。
で、よく見れば、私の銀行員時代の同僚たちでした。

「午後から前橋で会議だから早めに支店を出て、るしあんに来たんだゼ!」

いや〜、なつかしい。7年ぶりの再会かあ!

3人とも支店長で、今度の異動で後進に支店長の席を譲るらしいのだけど、まだまだバリバリで、日々、頑張っているとのことでした。

「もう俺たちもあと3年で定年だぜ〜。高齢者継続雇用で職場に残るか、すっぱり辞めて何か始めようか悩んでいるんだ。」
「昭和36年生まれは、年金は65才からだから最悪だよなあ。60になったって、まだまだ働かなければなんないし、、、、」
「働き方改革なんてソフトイメージで法案をごり押しで通しちゃったけど、あんなの働かせ方改革だよな。役職を下りた後もずっと、労働団体から天下りしてきた奴にこき使われるんだぜ〜。」

おじさんの話題といったら、年金や老後の話しばかり……
そしてちょっぴりの愚痴……



そっか、私も働き続けていれば、あと3年で定年退職だったんだなあ。

振り返ってみれば、人生の岐路に立ったことは幾度となくあったっけ。
あの時、違う道を選んでいたら、今どんな生活を送っていたんだろうなあ。



「定年後は起業しようかなあ。」
同僚のひとりが定年起業を考えているようでしたが、私は大反対。






seizi01.jpg


以前、千原兄弟のせいじ(兄)が、辛辣な話しをしていました。

定年迎えたら起業するなんてことはやめた方がええ。
絶対、失敗すんで。
長いことサラリーマン生活を続ける中で、自分の生き方を変えるチャンスはぎょうさんあったはずや。
目の前にあるチャンスをずっと見逃してきたわけや。
そんなチャンスを活かすことができん奴は、この先かてうまくいくはずあらへん。


う〜〜ん、どうなんだろう!?
一理あるのかなあ!?



私は、ちょっと、せいじさんとは考え方は違うのですが、定年起業には反対です。

その理由は明日、ブログに書きます。




posted by るしあん at 17:42| Comment(0) | 日記

2018年08月13日

宿題(つづき)


はい、では、きのうの答。
可哀想な子は「イラン」でした!


イランは2015年の核合意を順守しているのにもかかわらず、トランプ政権は一方的に合意から離脱してイラン制裁を復活させました。

私たち日本人の多くは、北朝鮮のやり方を見て「またか!」と思うのではないでしょうか。
いわば“既視感”を抱きます。

それと同じように、中東の人々は、アメリカのやり方を見て「またか!」と思うのです。
アフガニスタンから攻撃の場をイラクに移して「イラク戦争」を始めたブッシュ(息子)然り。
どうもアメリカの大統領は“威信”を誇示する場が必要なようです。
今回のイランいじめもアラブの人たちは“既視感”を持って見ているのです。

iran01.jpg
iran02.jpg


最近のトランプさんの動静を眺めていると、もはや北朝鮮には何も興味がないようです。
トランプ政権は北朝鮮からイランへ照準を向けました。

なぜか!?

答えは簡単。イランの方がいじめやすいから!

アメリカはもうすぐ中間選挙を迎えます。
イランを脅していれば、同盟国のイスラエルや福音派キリスト教徒の指示を得られるとの判断が働いたのでしょう。


「宿題」をきちんと済ませていたのに「おやつ」を没収されたイランは、なんともまあ、お気の毒。


古くからイランとの関係を構築してきた日本は、一体どうするのか!?
アベさんがいつものように、トランプのいいなりに尻尾を振ってると、「安全なエネルギーの確保」に重大な支障を来たす恐れが、、、、


さてさて、どうなることやら……





posted by るしあん at 21:07| Comment(0) | 日記