2020年04月15日

デビルズ・アドボケート


その昔、中国は唐の時代、名君、太宗がおりました。
家来が忖度ばかりして批判しないので、太宗は国民とのズレが生じることを危惧して、「諫議(かんぎ)太夫」という役職を作りました。
この役職は、忠告することを任務とするポストで、敢えて批判的な意見を太宗に注進しましたが、それによって罰を受けるようなことはなかったそうです。

また、西洋では、かつてカトリック教会において、列聖や列福の審議の際にあえて候補者の至らぬ点や聖人・福者たる証拠としての奇跡の疑わしさなどを指摘する役職が設けられていました。
この役職は、天使に対するサタンにちなんで、「悪魔の代弁者(デビルズ・アドボケート)」と呼ばれていました。



翻って、現代においては、ディベートのテクニックのひとつとしてこの名が残っています。
同調圧力などで批判・反論しにくい空気があると、議論はうまく機能しなくなり、健全な思考ができなくなることが起こります。
それを防ぐ方法として、自由に批判・反論できる人物を設定しますが、これをデビルズ・アドボケートと呼んでいます。



さてさて、“アベノマスク”に“貴族動画”と最近、何かと大炎上している安倍総理ですが、私には、まるで『裸の王様』にしか見えません。

abehadaka01.jpg

長すぎる政権ゆえに強大になってしまった権力に逆らえるセンセイがいないこと、周りは忖度カンリョウ、、、
コロナという危機的状況下において、まさに同調圧力の弊害が、顕然化してしまった感があります。

今こそ、政権内に「諫議太夫」「デビルズ・アドボケート」を設けてはいかがでしょうか?





devilsado01.jpg


映画「DEVIL’S ADVOCATE」は「ディアボロス」という邦題で公開されましたが、いかにもアメリカらしい宗教色の強いホラーだったなあ、、、
巣篭もりのお伴にもう一回観てみようかなあ。




posted by るしあん at 20:59| Comment(0) | 日記

2020年04月14日

貴族のような貴方と私


一昨日、ツイッターで見つけたある貴族の写真。

世間の喧騒から離れて、愛犬と戯れる、、、

星野源の「うちで踊ろう」とともに、カップを片手に素敵なティータイム。


kizoku01.jpg


私も真似て、愛犬を抱きながら、優雅なひと時を……


kizoku03.jpg


どうですか?

私もまるで貴族のよう?






って、そんなわけあるかい!!!!

これが現実じゃああああ!!!!


kizoku04.jpg


今日のランチタイムの店の中。

お客さんは一人もいない! 誰も来ない! 売上ゼロ!

この3日間で、来てくれたお客さんは、
裏のアパートの奥さん「3食作るのが、もう大変で、大変で、、、」
心配した私のお友達「大丈夫かい?」
たった2人……




これが世間の今の現実!

いっそのこと閉めようか? でも閉めたら収入が全く無くなってしまう。
「止まるも地獄、進むも地獄」、どこの飲食店も苦しんで、もがいているんです。



悪いのはコロナだってことは、わかっています!

貴方を責めているわけではないんです。




でも、せめて、、、

苦しんでいる庶民の気持ちを逆なでするようなことだけはしないでね!!!





posted by るしあん at 21:22| Comment(0) | 日記

2020年04月12日

自作


昨今のマスク不足で困るのが、農業や木工細工の時に使う防塵マスクまでもが商品棚から消えてしまっていること。
トラクターで耕運する時にマスクが無いと舞い上がる土煙で鼻は真っ黒、木工の時は糸鋸盤からとのこが舞い上がるし、、、
防塵マスクは必須なのに、困ったもんです。

ということで、自分でこんな物を作ってみました。

「じゃじゃ〜ん! なんでもマスクゥ〜!」(ドラえもん風)



mashimo01.jpg



机の中に放置されていたサラリーマン時代のネームカード入れ。
そのクリップをはずしてゴム紐の両端に縫いつけました。
老眼で裁縫ができなくなった女房に代わり、私自ら針を持ちました。
多分、小学校の家庭科の授業以来。
指にプスプス針を刺し、悲鳴を上げながらどうにか仕上げることができました。

これで、手ぬぐい、タオル、キッチンペーパーなどなんでもマスクにできます。

ウイルスの防御はできませんが、飛沫を飛ばさないエチケットに使えます。



masuhimo04.jpg

mashimo03.jpg


これはサラが折ったキッチンペーパー。不織紙を2枚重ねてプリーツ折りしています。




masuhimo02.jpg


私の野良仕事用。ねこ柄の手ぬぐいを折り、内側にきめ細かいポリプロピレンの不織布を挟んであります。
砂埃は充分防げます。





人間、必要に迫られれば、なんとか工夫するもんですね!!





posted by るしあん at 21:41| Comment(0) | 日記