2019年06月19日

富栄養化


昨日のブログで肥料のことについて綴りましたが、私は決して化学肥料を推奨しているわけではありません。
私自身は、なるべく無農薬で栽培し、土が痩せてくると有機肥料(牛フンや馬フンetc.)を使っています。
化学肥料は、土の酸性化の中和のために苦土石灰を使い、あとは畑を休ませる時に雑草の根を溶かすために石灰窒素を使うくらいにしています。


今日は、化学肥料が自然破壊する事例をひとつ紹介します。
ホームセンター園芸館などでは、実に様々な肥料が安価で並んでいます。
有機肥料はじっくり効くのに比べ、化学肥料は即効性があって、ついつい手軽に使ってしまいます。
そして、必要以上の量を使ってしまいがち。

生育のスピードが遅いときに大量の肥料をまいても、野菜はその栄養を吸収しきれません。
そして、余分な、化学肥料に含まれる硝酸態窒素などの窒素成分が雨水に溶け込み地下水を通じて海に流れ出ていくのです。
結果、海中の窒素やリンなどの栄養物が過剰になってしまいます。

この「富栄養化」が、サンゴ礁に深刻なダメージを与えているのです。



数年前より、東京農業大学、琉球大学、地元環境団体が共同で、与論島など南西諸島で実証実験を行っています。
それによると、サトウキビの栽培初期に大量の化学肥料が用いられ、その時期に地下水の窒素濃度が高い傾向にあることを突きとめました。
そして、その地下水の窒素がサンゴ礁海域に流れ込むと、植物プランクトンや藻類を異常発生させてしまいます。
そうすると、海の透明度が落ちてしまい、サンゴの中で生きる褐虫藻の光合成を妨げてしまい、やがてはサンゴを死滅させてしまうというのです。


san5.jpg



海無し県の群馬の山間部で百姓していても、なかなか海にまで思いを馳せることはできませんが、ときには田畑から沁み出た富栄養水が利根川を通じて海に流れ込むところを想像してみるのもいいかもしれません。




肥料に関して言えば、与え過ぎは返って野菜の成長を妨げてしまうとも言われています。
まさに“過ぎたるは及ばざるがごとし”。


「無駄な肥料をまくことがなければコストが下がり、収穫量があがる。
農家にとってもいいことだし、地下水や海の環境負荷も軽減できる。」


ときには、こんなことを考えながら化学肥料を使ってください!!





posted by るしあん at 15:47| Comment(0) | 日記

2019年06月17日

“チリカ”と“ハミネ”


今日は農業の話題。

みなさんは標題の“チリカ”と“ハミネ”って言葉、聞いたことがありますか?

チリカとは窒素(N)・リン酸(P)・カリウム(K)のことで、ご存知、野菜や植物の3大栄養素のことです。
かたや、ハミネは、葉肥(はごえ)・実肥(みごえ)・根肥(ねごえ)を指しています。

窒素は葉に効き、リン酸は実や花の栄養になり、カリウムは根の成長を助けるのです。

これを知っていれば、例えば、家の花壇の花が病気がちで元気がない時などは、カリウムの追肥で根の抵抗力を上げるなどの治療ができます。
また、小さなつぼみが付いたらリン酸の追肥で花を大きく育てられます。

ホームセンターでは、いろいろな総合化学肥料が販売されていますが、どれも同じではなく成分量が「○:○:○」と表示されています。
今、自宅の花壇や菜園には、どんな栄養が必要かを知ったうえで、肥料選びをすることをおすすめします。
是非、“チリカ”と“ハミネ”を順番を間違えずに覚えておいてください。


tirika01.jpg
tirika03.jpg

tirika02.jpg



ところで、或る稲作のじいさん、「俺は○個の苗箱で○俵も獲るんだ」が口グセ。
いつも屁理屈をこねて延々と自慢するものだから、近所の農家もうんざりしています。

「こんなに獲れるのに誰も俺の農法をマネしねえんだよなあ!」

って、当たりめえじゃあねえか。
だってこのじいさん、追肥にリン酸を投入して稲穂は大きく育つものの茎が青々と伸び根が張らず、毎年必ず倒伏させるのです。
倒すと稲穂が水に浸かったり、発芽しないように早めに落水しなければならず、コメの味が極端に悪くなります。
まさに「味より量」のやり方。
こんな不味いコメがライスセンターの乾燥機で他の農家と混じってしまうのだからホントいい迷惑です。

そんなこともあって、私はライスセンターを利用しないで、自分の作ったコメに他のコメが混じらないように個別乾燥をしています。
その方が「味」に責任を持てますし、努力と工夫を怠らなければちゃんと美味しいおコメに育ってくれますからね。


あっ、ちなみにこの嫌われ者の屁理屈じいさん、例のクレーマーです (`ヘ´;)bu-bu-




とはいえ、やはりコメにも野菜にも一番必要なのは“お天道様”です。
あまり化学肥料には頼らず、光合成と糞肥料などの自然由来のもので美味しく育てたいものですね!!




posted by るしあん at 23:09| Comment(0) | 日記

2019年06月16日

人生の時計


私が大好きな作家の一人、高橋源一郎さん。

十数年前、私がまだサラリーマンをしていた頃、社内報にちょっとしたコラムを書くことになりました。
文才などある訳も無く、順番で押し付けられただけなので、全くもって迷惑な話しだったのですが、、、
参考書でも探そうと頭を抱えて入った本屋で見つけたのが、高橋源一郎さんの『一億三千万人のための小説教室』(岩波新書)でした。

読んでみると、高橋さんの小説に対する思いや、読者に何をどのように伝えるかが綴られていて、実に面白い。
高橋さんのやさしい人柄が文字に表れていました。
小説といっても純文学作家を目指す方には大変参考になるものでしょうが、残念ながら私が書こうとするちっぽけなコラムにはあまり役に立ちませんでした (~_~;)

とはいえ、おかげで作家・高橋源一郎を知り、ファンになったのだから“結果オーライ”になりました。

私のコラムの方は、体験談をちょっぴり楽しく盛って、新入社員への応援という体裁に、、、
手前味噌ですが、結構上手に書けたと思います(ほめてくれる人は一人もいませんでしたが…)。



takagen.jpg



さて、そんな高橋源一郎さんですが、今日の新聞で、読者の人生相談に回答する高橋さんの文章が目に留まりました。
その言葉がとても優しく、示唆に富んでいて面白い。

人生の時計は、年齢を3で割ると良いのだとか。
例えば二十歳の人は、20÷3=6.66だから、午前6時40分。
そろそろベッドから起き上がって、楽しい1日を期待して顔を洗う頃でしょうか。

人生設計を思い悩む21歳の女性の相談に、
「人生の午前7時にいる貴方はやっと朝になり一日が始まったばかり。
起きたばかりなのに1日の予定ばかり考えている貴方は生真面目なんですね。
色々なことが未経験の貴方は、知らないことだらけなのに綿密な計画を立てようとする。
そんなことは、もう少し日が高くなってから考えればいいんじゃないですか?」



私は今月、間もなく58歳を迎えます。
人生の時計でいうなら、午後7時20分になります。
1日の仕事を終え、家でのんびり晩酌をしている頃、、、

いやいや、るしあんの借金を返すためにヒ〜ヒ〜言ってる私は、未だ「残業中」だなあ (T_T)トホホ、、、



72歳を超える方は、神様からの贈り物の時間。
健やかに、穏やかに過ごして下さい。




さて、あなたは今、何時何分を生きていますか?




posted by るしあん at 22:30| Comment(0) | 日記