2018年05月14日

喫茶店の親父、パドメ・アミダラ姫に惚れなおす!!


昨日のブログは、ついついスターウォーズを熱く語ってしまいました。
そこでちょっと触れたパドメ・アミダラ姫役のナタリー・ポートマン。
とても上品で、とても美しくて、そして何より知的な女性です。
特に、エピソード2/クローンの攻撃では、ナタリーの美貌と強くて賢いイメージが、凛としたパドメにぴったり。
アナキンとパドメが恋に落ちる惑星ナブーの湖水地方(ロケ地:フィンランドやイタリア・コモ湖)は、今もファンの間では“聖地”になっています。


amidara01.jpg


私も一目でナタリー・ポートマンのファンになったひとりです。
「いつかオスカーを獲るくらいの女優さんになるかなあ」なんて注目していたので、「ブラック・スワン」でアカデミー主演女優賞を受けた時はホント嬉しかったなあ (*^^)v

彼女が知的に見えるのは、本当に才女だからなんですよ。
実は、彼女は名門ハーバード大学で心理学を修めた秀才。
エルサレム生まれで、ユダヤ人の血を引いていることも頭脳明晰の要因のひとつなのかな!?




さてさて、そんな彼女ですが、先月、ますます彼女のファンになる出来事がありました。
なんと、ユダヤ人のノーベル賞といわれる『ジェネシス賞』を辞退したのです。
本人のSNSには「授賞式でネタニヤフ首相と同席して彼を支持していると思われたくない」とのメッセージが、、、、
ホロコーストを生き延びた親族を持つ彼女は、心底、暴力を憎んでいるのです。
「残虐行為に苦しむ人々」を痛めつけるのはユダヤ人の価値観に反する、というのが彼女の考え。
残虐行為とは、もちろん、パレスチナ人に対するイスラエルの強圧策のこと。



まさに、今日、5月14日は、アメリカが、イスラエル建国70年に合せて、エルサレムを首都と認定して、テルアビブからエルサレムに大使館を移す日です。
世界の目が、たった今、エルサレムに向いている最中に、イスラエル軍がガザのパレスチナ人のデモ隊に向けて実弾を発砲しています。
速報(ロイター)では、50人近く(!)が死亡、2,000人以上(!)が負傷しているとのこと。
まさに、トランプが招いた“ナクバ”の悪夢の再来……


amidara03.jpg


ナチスの迫害で虐殺されたユダヤ人が、暴力によってパレスチナ人を銃殺している。
世界に向けて、民族浄化・虐殺行為の撲滅を訴えていかなければならない国なのに、、、、

唯一の被爆国の日本が核兵器禁止条約に参加しない。
世界に向けて、核兵器のない世界を訴えていかなければならない国なのに、、、、

子ども達に「どうして?」と訊かれたら、私は答える術を持ち合わせていません。




ナタリー・ポートマンに対し、イスラエル当局はBDS運動(イスラエルに対するボイコット、投資引き揚げ、制裁を呼びかける運動)に加担していると非難しています。
しかし、彼女はこれをきっぱりと否定しています。
そして、「私は暴力と腐敗、不公平、権力の乱用と対決しなければならない」と訴え、一歩も引かぬ構えだそうです。(毎日新聞:布施広「地球議」より)

彼女の勇気、高潔さには、ホント、ほれぼれします!



正に、パドメ・アミダラのように生きるナタリー・ポートマン。

心から応援しています。




こんな彼女のバックボーンを知って、是非また、スターウォーズのエピソード1〜3を観てください。

アミダラ姫の凛とした輝きが増して見えるはず!!!


amidara02.jpg



posted by るしあん at 23:46| Comment(0) | 日記

2018年05月13日

喫茶店の親父、スターウォーズ“最後のジェダイ”に吠える!!


4月25日のDVD発売日に買ったのにも関わらず、観られたのは昨夜、、、、
GWと百姓仕事で忙しさがピークを迎えていたので、夜はとてもテレビの電源を入れる気力など残っていませんでした。


公開から5カ月が経ち、すでにDVDも販売されているので、そろそろ感想を書いてもいいのかな、と思って今日のブログとなりました。

ネタバレなので、これから観る予定の方は、今日のブログは読まないでくださいネ!!


SW8LJ02exlight.jpg



公開から少し経ったころ、お客様とスターウォーズ(以後SW)“最後のジェダイ”論議となったのです。


「すごい面白い映画になっていましたね。感動しました!」

彼は娘の同級生のお兄ちゃんで30代。
7作目“フォースの覚醒”からのファンとのこと。

「世代によって、こうも捉え方が違うのかあ!」と驚きました。



私には、この作品は、40年来のオールドファンを切って捨てる映画だと感じて、とても寂しいものでした。

・特別な意味を持つスカイウォーカー家の血脈を無くしてしまったこと。
・ジェダイを古臭いただの伝説にしてしまったこと。
・「いつまでそんなマスクを被るのか」と叱責されて、ダークサイドの象徴であるマスクを粉々にしてしまったこと。

そう、まるで、「これからは“新しいスターウォーズ”になるんだよ。古いものは捨てるだけサ。」と、言われているよう。
いわば、会社のリストラで、これまでのやり方に固執するような古い社員はクビを切られたかのような思いを抱いてしまいました。



そして、思わずつっこみたくなる設定のオンパレード。

そもそも、フォースは理力であり、森羅万象の持つエネルギーを使う超能力的なパワーのはずなのに……

・相手を感じたりテレパシーの能力が、この作品ではまるでテレビ電話。「服くらい着てよ」なんて笑えないギャグまで入れて。
・集中砲火を浴びても平気なルークがカイロ・レンの刃を刺されたら、実は銀河辺遠の星から念力で送ったホログラムだったというオチ。

これって、「スターウォーズだったよな?」、
ルーカスフィルムじゃなくて、まるでマーベルの映画かと錯覚してしまいました。
これじゃあ、ディズニー映画が作る“X−MEN”じゃねえか <(`^´)>




・カッコ良かったポー・ダメロンはただの思慮足らずのはねっかえりパイロットに描かれてしまった、、、、
そして上官は作戦をちゃんと説明しないのに、まるでポーを見守る母親然としていて鼻につく。最後はキリスト教徒の大好物の自己犠牲。う〜〜ん。
・レジスタンスがただのバカ集団に描かれちゃった!
・爆風で宇宙空間に放り出されたレイアが自分で船に戻ってきた! しかも宇宙服着てない状態で生きてるし!
・新しいぬいぐみを販売するのかなあ。チューイと一緒に変な鳥みたいなキャラクター(ポーグ)がミレニアムファルコンの操縦席に乗っている。しかも急激な方向転換でベチャーっとフロントガラスに顔を押しつぶすギャグ。あ〜あ、今度はドリームワークスかよ。“マダガスカル”のペンギンまで出てきちゃったよ!




そして、SWの面白さは、暗黒面と光明面がハッキリ別れていて、観客はその戦いにハラハラドキドキするのに、、、、

・レイが暗黒面に興味を引かれ、レンの心が正義に振れる“あいまいさ”。心の機微など表現されているわけではなく……
・レンがスノークの元に走ったのは、レンが悪いのか、ルークが原因なのか、どっちがホントだったの?
・そもそもスノークって誰? ダークサイドの頂点に立つわりにはあっけなく真っ二つにされちゃった。
・最終決戦でそのレンが悪の親玉じゃ、器が小さすぎて迫力不足、、、、




さらに、、、、
あからさまに中国マーケットを意識した配役(これはSWに限ったことではありませんが)。
あの中国系の太ったローズ役には正直まいりました。
よくぞ、まあ。
この子をキャスティングしたディズニーの勇気に脱帽です。



SW1〜3でヒロイン、パドメ・アミダラ姫(ナタリー・ポートマン)の上品な美貌と強くて賢い姿は、3作品を通じて魅力的に輝いていました。
SW4〜6のレイアも然り。
そして、前作では、新人のデイジー・リドリーが初々しくて可愛くて、見事にレイを魅力的な新しい主役にしました。
これからどんな素敵な女性になっていくのだろうと、SW8に大いに期待しました。



ところが、、、、
前作ではあんなに魅力的だったレイはまるで脇役みたい。

そもそもルークとレイは師弟関係が構築できたんだろうか?
前作の最後のシーン、、、、 崖に立つルークのもとへたどり着いたレイ。
わくわくしながらSW8を2年も待ったのに、これじゃあ……




まったくひどいもんだ!

なんで、ライアン・ジョンソンなんて無名の監督が“最後のジェダイ”に抜擢されたのだろう?

この“最後のジェダイ”については、ファンの意見は賛否両論、真っ二つに割れているそうです。

不思議なことにプロの評論家は絶賛しているそうですが、、、、
「ホントかよ!?」なんて思いますが、そこはやはりアメリカ人でも評論家のみなさんはディズニーに“忖度”しているんだろうなあ。



SWシリーズをコンプリートしている私は、映画館でがっかりしたのですが、今回もちゃんとDVDを買いました。
しかし、
できることなら、
「“最後のジェダイ”はSW8に並べたくない」
というのが正直な気持ちです。





と、まあ、いろいろ綴りましたが、あくまで私の意見。

みなさんは、どうお感じになりましたか?





今年はじめのブログに、映画の感想に「エンドロールの“私たちの永遠のプリンセス、キャリー・フィッシャーに捧ぐ”に涙した」と書きました。
ネタバレしてしまうので、その時は詳しく書かなかったのですが、

「キャリー・フィッシャーと共に私のスターウォーズも死んでしまった」

と、感じてとても寂しかったのです……




posted by るしあん at 20:40| Comment(0) | 日記

2018年05月03日

再生プロジェクトF


田植えシーズンが目前に迫り、田んぼ作りもいよいよ佳境を迎えました。
昨日・一昨日の定休日に土手を作る場所の草刈りをして、トラクターで耕してきました。


そして、今日、早朝より土手を作る作業となりました。
夏日が続き土が乾燥しきっていたので、天気予報をチェックしながら昨夜からの雨を待っていたのです。
まさに天の恵みで、今朝は雨の中を順調に土手作りを終えることができました。

開店は30分ほど遅れてしまいましたが、ドッグランも雨で濡れていたので、お客さまもお昼過ぎからのご来店。
ご迷惑をおかけしないですんで、ほっとしています。


dote01.jpg
dote02.jpg


この写真を見て、百姓と縁の無い方は、土手まで機械で作れるのかと驚くかもしれませんね。
今はこのようにトラクターのロータリーをはずして専用のパーツを取り付ければ土手も簡単に作れるんですよ。

私の伯父貴は、昔、土手作りの名人と言われていました。
鍬一本で、まるで左官屋さんのように、ペタペタと泥を塗り付け見事に土手を作っていました。
代かきシーズンになると、頼まれて隣近所の田んぼの土手も作ってあげていたんです。
「すげえ時代になったもんだ!」と、天国でびっくりしているかな!?





思えば、半年前には、耕作放棄地で雑草の山だった土地を、どうにか田んぼの体裁を取り戻すことができました。

我ながら、脊柱管狭窄症のポンコツの身体で、よく、ここまで頑張ったと思います。
誰も誉めてくれないので、自分で自分を誉めています (*^^)v


来週には、肥やしを入れて、平らになるように耕します。
そして、水を張って、代かき、田植えと続いていきます。




to be continued



posted by るしあん at 22:34| Comment(0) | 日記